<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 個人的名(迷)言集 | Main | キャラの裏話 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -

おわっちゃいましたねー!

六衛門に先に書かれて悔しいので、サッサと記事を下の方に流してやるべく登場wの向日葵です。こんにちは。

会場へお越しくださった皆様、ありがとうございました!!

私にとっての初舞台だったのですが、ロクえもん同様、なんだかあっという間に終わってしまったという気持ちで一杯です。

体力の配分が上手くできず、悔しい思いもしましたが…終わった今、思うことはやっぱり一つ。「楽しかった!」これに尽きます。あの舞台に立てて、本当に良かったです!


舞台が終わってから、ロビーで「可愛かった!」と声をかけてくれた方、ありがとう! 萌えていただけて光栄です(笑)
友達から声をかけてもらえるのも嬉しいけど、初めて出会った方に褒めていただけるのは殊更嬉しい! ありがとうございました!

でも、なんだか一番たくさん言われた感想が「向日葵、足、出しすぎ(膝丈スカートだったので)」だったような気がするのは、気のせいでしょうか…ww や、でも、それは私のせいじゃないって!(笑)


私が一番好きなシーンは、六から蘭丸へ、すっごいお花を持ってくるシーン〜吾平登場のシーンですね。ネタシーンですが。

あのすっごい花を前にして、真剣に語る光秀と六衛門もシュールで好きでしたvvv え? 光秀さん、そのお花、気になりませんか? みたいなw

小道具として(大道具?)花が会場に搬入されてきた時の、劇団員のテンションのあがり具合もおもしろかったです。そうか、君たちそんなにその花が好きか! 私も好きだ! 搬入してくれた花業者の人も「こんなに喜んでもらえるとは…」と驚いてましたよ。そりゃそうだ。


感動したのは、1幕の最後。吾平と光秀の2人のシーン。

本番の時は私、着替えの都合で楽屋に戻っていて見れなかったのですが、本番前のテクリハ(照明や音響など、テクニカルな部分のリハーサル)の時に客席で観て、本気泣きしてしまいました。リハが終わって客席の明かりがついて、泣いてる私に気づいた劇団員に「泣くのが早すぎる!」と一斉に突っ込まれましたが…。私にとって「感動」部門では一番印象的なシーンです。


語りだしたら尽きることがなさそうなので、この辺りで一旦終わりにしましょう。


次回の公演もお楽しみに★

ありがとうございました!

公演を終えて | 16:23 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | 16:23 | - | -










Track back Url of this Article
http://tengu2008.jugem.jp/trackback/20
Track Back