<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -

建設集団

またまた登場、向日葵です。


剣劇集団ローマン×劇団EMPTY。


我々は、時に『建設』集団ローマン×劇団EMPTYへと変化します。


大道具、小道具、衣装。あんなものもこんなものは、手作りで作っちゃう劇団。それが建設集団ローマン。


本日。本番まで1週間を切った今になって、またもや凄い小道具が出来てしまいました。


「あれは、市販品かプロに発注して作ってもらったんですよね?」


というようなものも、実は団員の手作りだったりします。

そこら辺のクオリティの高さにも自信アリ! ですので、ストーリーや殺陣と共に、小道具&大道具&衣装観察でもお楽しみくださいねるんるん


明日(今日ですが)は、本番前最後の休日です。

社会人が団員の過半数を占める私たちの劇団にとって、1日中練習に使える休日は、とっても貴重。

ラストスパートです。

気合い入れていきましょうっ! せいっ!

- | 02:12 | comments(0) | trackbacks(0)

本番1週間前

何時の間にやら本番約1週間前となりました。
どうも代表の井上です。
現在の進捗具合はといいますと自分を含め役者陣がどれだけ本番に向けテンションとモチベーションを高められるかというところです。音響、照明、殺陣、衣裳、大道具、小道具、その他もろもろ…すごいことになってます!!!!!!
これを活かすも殺すも役者次第!!!
ラスト1週間、気合いと根性そして熱い演劇魂で乗り越えます。

そうそう明日、四国新聞さんが取材にくるそうな。ほんでもって来週1週間高松ケーブルテレビで宣伝してくれるそうな

うん、いい風がきてる〜

- | 20:05 | comments(0) | trackbacks(0)

( ´ω`) ・・・

明けましておめでとうございました
六衛門担当の高木康男こと高木康男です。


わたくし今回初舞台です。
恐らく一番ダメな意味で目立つでしょうが、どうか生暖かい目で見守って頂けると幸いです_| ̄|○

むしろあてくしを見ないでください_| ̄|○
主役の二人と他の人達を穴の空くほど見てください
お持ち帰りOKです(←


まあ冗談はさておき…(棒読み

今回舞台初デビューなわけですが自分なりには頑張っております。
無様なモノを見せるわけにはいかないというのもありますが、やはり一番の理由はやっていて楽しいということでしょうか(´ω`)

「こうすれば良くなる」→「じゃあここからさらに良くするためには…」
生まれて初めてこんなこと考えています。

勉強でも仕事でもこんなこと考えたことありません(←



初舞台ですがベテランの皆に負けぬ熱さで今回のTENGU2008に挑もうと思っております(`ω´)


でも汗の量は奴(某主役)には勝てません(´ω`)







これ日記じゃないよね…('A`)

フリートーク | 16:44 | comments(0) | trackbacks(0)

栄養補給も大事、ということで。

こんにちは! 向日葵(ヒマワリ)役の遠藤実花です。

えー、お芝居を作るには体力も必要、栄養補給が欠かせない…ということで。

TENGUチームでは、このようなものを飲んで栄養補給を行っている次第であります。



……ん??


tengutan2

んん!?

名付けてテングタン。もちろん、TENGU2008オリジナル商品です。嘘です。手作りです。

たまにはこんなお遊びも大事よねおはなということで!


とうとう本番まで10日を切ってしまいました。

練習も大切ですが、なにより健康管理に気を遣っていきたいと思います。

テングタンとか飲んだりして…ね。

フリートーク | 00:58 | comments(0) | trackbacks(0)

がっつり☆がむしゃら

ども、孔雀役の藤田朋子です。
本番までに日記やっとかなきゃ…なんとなくそんな気がして
しゃしゃり出てきてしまいました。

「TENGU」シリーズは前作でも出させていただいています。
客演のくせに二回連続出場です。
前作では飛鳥という自分にとって初めてまみれな役をいただき
ローマンさんに多大な迷惑をかけました(;´Д`)
なのに何を血迷ったかローマンさんは
今回も声をかけてきました。
そして今回の私も初めてまみれです。
キャラクター紹介を読んでいただければ悪役かな?と
思う人もいるでしょうが間違いです。
こ○いキャラです。
私の友だちは「アジャコングみたいな?」と言いましたが惜しい!
「ダンプ松本みたいな?」と、まだ食いついてきましたが惜しい!!
○に何の字が入るか…
ぜひ19日にご自身で確かめてくだされば嬉しいです。
私自身とは正反対のキャラです(ね!向日葵☆)

もうすぐ本番です。
気を引き締め緊張感をも楽しみながら
19日の本番ではカッコいいものを皆さまにお届けしたいと
メンバー全員、がむしゃらになっています。
本気でがむしゃらです。
どうぞよろしくお願いいたします。

フリートーク | 01:08 | comments(0) | trackbacks(0)

吾平参上!!

はい、新年明けました。皆さん、いかがお過ごしでしょうか?
遅れながらも華麗に登場〜。どうも、『吾平』役をやっとります山地陽一郎です。
最近、『棒』を見ると、やたら振り回したくなりますwww

さてさて、舞台の本番も近づいてまいりましたな。つか、なんとてさぶいっ!!!
実は今、俺らが稽古してる場所って、屋外、っつーか、某倉庫(笑)なのよね。
んで、一応、電気ストーブと石油ストーブの2台をフル稼動で稽古やってるんだけど、全然あったまらないのな、これがwwwストーブのすぐ近くで暖を取るのが精一杯。
だけど、殺陣の稽古をやった後は汗がダラダラ。。。
拭っても拭ってもポタポタポタポタ、ポタポタポタポタポタポタ・・・ポタラッ!!


アッーーーーーーーーーーーー!!!!!!!


とまりゃしねぇ・・・。おそらく本番当日、汗だくの汁まみれで興じている役者が確実に一人いると思われるが、まぁ、そこは、、、

「生温かい目で見守ってやって下さい。」

※あ、ここで『殺陣』という漢字を初めて見たヤツ挙手!!
(゚∀゚)ノ
殺陣⇒『たて』と読む。決して『さつじん』と読んではいけない。
実際に、『たて』と入力し、変換してみよう。『殺陣』と変換されるハズだ。
意味は、まあ、簡単に言うと、時代劇なんかでやってる『チャンバラ』のこと。
ジャッキー・チェンがやってるカンフーアクションなんかも殺陣の部類に入るかな。
はい、そこのあなた、これで一つ勉強になった。
特に受験を控えてる学生さん、国語の試験で出るかもしらんね。


そう・・・、うちの劇団はそういうアクションなんかも取り入れた芝居をやってる劇団。


劇団?うーん、、、劇団と言えば劇団なんだけど、俺自身は、『お芝居してる』って感覚じゃないんだよな〜これが。まぁでもそこは実際見てくれた人たちがどう感じてくれるかにもよるんだが・・・。だけど、今回の公演は、『お芝居見るぞ☆』って感覚で見に来るよりも『ライブ見に行くか!!』って感覚で見に来てくると嬉しいかな、俺的に。
(いや、ライブというより、『雷舞』だなwwwおっと、これ以上は言えねぇかwww)

ってか、これ以上書いても長文・駄文のオンパレードになるんで、この辺で空気を読みつつも、新年の挨拶とさせていただきます。

- | 01:28 | comments(0) | trackbacks(0)

通し稽古。

日付が変わってしまっていますが、6日分の稽古内容を書きたいと思います。皆様こんにちは、綾乃です。

さて、本日(6日)はいつもの稽古場を離れ、サンポートでの通し稽古を行いました。とは言えまだ2、3度目の通しなので流れを掴めていない人がチラホラ。殺陣要員の方々も思い出しながら蹴りや斬撃を繰り出し、想定外の怪我や衣装破損にも負けずに芝居を続けました。ただ稽古部屋の都合上ビデオにその苦労が残っているか否かは分かりませんが…

ともあれ、殺陣を含む芝居は肉体的・精神的にも大きなダメージを被るもの。稽古後の夕食も、食べるだけ食べて満足した者からその場で眠りこける状態。これで翌日からまた仕事に戻るのですから、社会人は侮れません。

こうして作られていくTENGU2008、まだまだ発展途上です。舞台に立つ役者達がどんな演技を見せるか、当日を楽しみにお待ち下さいませ。

- | 02:58 | comments(0) | trackbacks(0)

あけましておめでとうございました。

新年、あけました。

今年は…いえ、今月は、いよいよ『TENGU2008-戦国の世を生きた男-』の公演があります! 残り何日、あと何日と、指折り数えながら練習&準備に取りかかる毎日ですが、今持てる力を全てぶつけられる、熱い舞台にしたいと思います。むしろ、なります。

1月19日。
あと、2週間とちょっとです。

体調の管理に気をつけながら、頑張っていきましょうー!

フリートーク | 02:47 | comments(0) | trackbacks(0)

合宿が終わりました

しかしあまりに更新ないなこのブログ。…ということで、森蘭丸役の私がひとつ。
過ぎたる23、24日に合宿が終わりました。五色台少年自然の家というところで一泊二日のみっちり稽古を行ったわけです。

五色台自体が「出る」場所であったりとか、その他付加要素などを交えつつな状態でしたので、ラップ音と思わしきものを聞いたりだとか、見えるはずのない人影を見たりだとか、私としては非常に気色悪い合宿でもありました。合宿とかいう特殊な環境だったことも手伝い、私を含める数人が体調不良に陥ったりとなかなかにおなかいっぱいな体験となりましたとさ。

あっ、別に怖がってただけじゃないんだからねっ。がっつり深夜まで稽古したりとか、充実してたりもしたんだからっ。夜中からグレンラガンを鑑賞したりとか、完成間近のOPムービーを見て感動にむせんでみたりとか。これ文法的に合ってんの?


で、昨日の25日クリスマス。リアルでローマン1恐がりな六右衛門、そして光秀、十四松、演出さん、そして蘭丸役の私というメンバーで自主練習をやっておったわけなんですが。そこでの六右衛門の名言を紹介します。

光秀「(ある霊場に肝試しに行ったとき)入った途端に、新しく買った懐中電灯が点かんくなったんよ。電池変えても動かんし、完璧に壊れてた。(六右衛門に意味深な視線)」

六「湿気てたんやって!!!!!!!(取り繕うように前回り受け身)」

懐中電灯はしけませんw

フリートーク | 11:18 | comments(0) | trackbacks(0)

TENGU用語−その1

舞台を作り上げるうえで、いくつか専門用語的なものが出てきます。

例えば有名なところでいうと「上手・下手(かみて・しもて)」。
舞台にかかわったことがない方でも、テレビや雑誌などで聞いたことがあるかと思います。上手とは、客席に座った状態で舞台の右手側。下手はその逆で左手側のことを差します。

このような専門用語は、舞台を観客として見る場合はもちろん知らなくても問題ないのですが、役者やスタッフとして舞台に立つときは知らないと不便で大変ショックです。


ところで。別に覚えてなくてもいいけど、みんなが言ってるから自然と覚えてしまう「TENGU用語」というのも存在します。

つまりTENGUの舞台を作る過程において発生した、内輪だけで通用する用語(?)です。
数あるその用語の中から、今回は1つ紹介したいと思います本



TENGU用語その1【イグサーラ】
意味:イグサのこと


TENGUの練習、実は数畳の畳の上で行っています。しかも靴下や裸足だと危ないので、靴を履いたまま。殺陣が多いTENGUの舞台で、安全面において畳はとても役に立つのです。


とはいえ、さすがに新品の畳を使うのはもったいない。

という訳で、廃材として捨てられる直前だった畳をもらってきて使用しています。

そこで問題となるのが、靴の裏で削られる畳のイグサ。畳ってこんなにボロボロになるのか! ってくらいボッロボロになってるので、そこら辺中にイグサが舞って大変なのです。補修はしていますが、追いつかない状態です。

なので、練習後の役者は全身イグサまみれ。

イグサまみれの役者を車車に乗せたりすると、シート全面がイグサーラまみれになっちゃいます。

イグサまみれの役者が歩いた後は、てんてんとイグサーラが残っています。

それくらいイグサの量が膨大なのと手ごわいことから、いつからか誰からか、奴らのことを「イグサーラ」と呼ぶようになりました。親しみと憎しみを込めてハート


TENGUの舞台は、そんな風にイグサと格闘しながら作られていっているのでありました。

フリートーク | 11:59 | comments(0) | trackbacks(0)